2020年5月17日日曜日

【アトリエ公開】「社長室風」で空間をいっぱいに感じられるレイアウトに





仕事、兼、勉強部屋は

クローゼット込みで5畳。

決して広くないけれど、貴重な空間。


できるだけ気持ち良く過ごしたいから、

時間をかけてレイアウトを

考えてきました。

そんな今現在のアトリエをご紹介してみます。


これから仕事部屋、勉強部屋を作りたい方の

ご参考になる?....といいな...。


・アトリエのレイアウト



道具は全てクローゼットに入れて、

家具は大きな机だけという状態にしています。

この空間で

・絵を描く
・経理など書類作業
・張り子制作

を行うため、

机の上は作業を終えるたびに

何もない状態にリセットします。

・机は広く、軽く、移動しやすく


床は飛び散ってた絵の具でちょっと汚い..

こちらが作業台です。

ええ...家族には「取調室」と言われています。


PCを開きながら絵の具で絵を描いたりするため、

奥行きのあるダイニングテーブルを利用しています。

(幅150cm×奥行き80cm)


大きいサイズの絵を描きたい時など

床スペースがいっぱい欲しい時があるので、

机は簡単に移動できる軽さの物を

使っています。



机を買う際は、サイズだけではなく、

「一人で動かせるかどうか」など、

よく考えて選ぶことをオススメします。

以前は超重い学習机を使っていて、

家具の移動がとても大変でした....。


テーブルはカリモク60の

・収納に全部収める



1畳分のクローゼットに全部詰め込みます。

持ち物はかなり厳選しているのですが、

まだまだ絞り込み甘く..

この中は....まだ見せられません。汗

窓枠は張り子を干しています。


・椅子からの眺め。社長室風レイアウトはオススメ




椅子からの眺め。

(椅子は、ideeのジャレットチェアです。)

机は壁に向かって配置しがちですが、

思いっきり社長室風に。


机を部屋の真ん中に向かって

配置してみると

部屋全体を見渡せて

狭い部屋ながら開放感があります。



いつの間にか入ってきた家族に

パソコン画面や、描きかけの絵を

見られることもないというメリットも。



自由にレイアウトできるのでしたら、

「社長室風」の机配置、

オススメです。